エピ工房 小笠原敦子 プロフィール

【2010年4月 道産小麦 パン教室 エピ工房 開講】

私が、パン教室を始めたいと思ったのは、自分の経験から新しい事を知る楽しさ、少しずつ上達する喜び、家族や友人の美味しいを聞ける嬉しさ、そして、少しずつ自分の人生も豊かになったことを実感したからです。

パン作りを通してなら、皆さんにも豊かな生活のお手伝いが出来ると確信したからです

初めてパン教室に通った当時は、パン生地の柔らかさに癒され、パンの作り方を追求することが凄く楽しくて、何種類もあるパンの作り方、材料などの情報にも自然と興味を持つようになりました。

パンをふくらませるのは酵母の力です。酵母も数多くあります。

私は北海道に住んでいるので、地産地消として道産小麦を使ってみました。
道産小麦の美味しさや北海道の農家生産者さんの強い想いを感じることが出来ました。

パン作りについて、どんどん学び続けて新しい事を知ることが出来る「パン作り」に深くのめりこんでいきました。

もっと深く知りたい!そう思った私は、プロのパン屋さんと一緒に学ぶ<ベーカリークラブN43°>の会員になりました。プロの技術に魅了され、そこで得られた技術、思いなどを、自分のパン教室のレッスンや、家庭で作るパン作りに結び付けていきました。

更に、もっと深く専門的に学びたくなり、パン教室を開催することも考え資格を取る決心をしました。

「宮島学園 北海道製菓専門学校」の通信制Cネットに通い受験資格が得られる<製菓衛生師>です

スクーリング実習が充実してるこの通信教室に2年間通い、更に深い技術を学ぶ事が出来ました。

【私がパン作りを通してお伝えしたいこと】

  • 自分自身は、技術が身について楽しめること
  • 他の方には、食べてくれた周りの人に喜んでもらえること

自分が嬉しく楽しくパン作りをすることで、その気持が周りの人に伝わって、喜んでもらうことが出来ます。

喜んでもらえることで、パン作りに対する、自分の思いに自信が持てます!

【デコ食パン認定講師】

2018年は、教室開講から9年目になります。

現在通ってくださっている生徒のみなさんには、これから更に楽しんでいただきたいと思っています。
その為に

2017年7月に、日本サロネーゼ協会で開講されている講習会へ参加し、講師取得認定していただきました。
「パン作りをもっと簡単に、もっと楽しく」をコンセプトに考えられた講習会です。

今まで見たことがないパン、「デコ食パン」。
パンを切ると、その断面には、なんとも言えない可愛らしい模様が出てきます。

まるで金太郎飴のように...

今まで以上にパン作りを更に楽しく伝えたい。
新しいデコ食パンの技術、作る楽しさも、もっともっとお伝えできると感じています。

【資格】

2009年9月 
日本創芸学院 紅茶コーディネーター資格

2009年12月 
製菓衛生師 取得

2010年
パン教室「エピ工房」開講

主宰 小笠原敦子

2012年7月 
日本野菜ソムリエ協会主催 ジュニア野菜ソムリエ(現在野菜ソムリエ)取得

2017年6月 
日本サロネーゼ協会 デコ食パン認定講師 取得

2018年1月
おうちパンマスター 取得


【エピ工房】

場所:札幌市南区真駒内

※自宅工房の為詳細情報については直接お伝え致します。

主宰:自宅パン教室「エピ工房」代表 小笠原敦子  

お電話でのお問わせは

TEL:09037758776

メールでのお問い合わせは

atsuko-yo818@ezweb.ne.jp

パン教室でのレッスン、イベント出店販売、注文販売、を行っております。

不安、疑問等、ご遠慮なく、なんでもご連絡くださいませ。


>ホームページTop

>最新レッスン情報

>お楽しみレッスン >デコ食パンとは? >基本パンレッスン >簡単おうちパン講座

>プロフィール

>アクセス

>お問い合わせ